タイトルイメージ 本文へジャンプ
 



南画院展







作品募集



第71回南画院公募展の作品募集


要項決まる!
  



会期:平成30年10月24日(水)〜10月30日(火)

会場:東京都美術館 1階第2展示室 (東京都台東区上野公園内

主催:特定非営利活動法人 南画院

後援:茨城県、茨城県議会、読売新聞社、毎日新聞社、日本工業新聞社、
    

    秀作社出版


1)南画(水墨・墨彩画)の部

   ◎一般作品の部(20号以上) 小品の部(10号)


2)洋画・工芸の部

3)写真の部


以上の3部門で、日本の自然と風物をテーマにした作品を募集します。


ふるってご応募ください。詳しくは各部門の出品規定をご覧ください。


出品申込に当たっては下記の「出品申込書」を印刷してご利用ください。




出品規定・出品申込書はこちら


◎南画(水墨・墨彩画)の部  ◎洋画工芸の部

→ 出品規定

→ 出品申込書


◎写真の部

→ 出品規定

→ 出品申込書


表彰式の日時が変更になりました。

日時:平成30年10月30日(火) 11:00〜


会場:東京都美術館内スタジオ






第70回記念


南画院公募展盛大に開催!



会期:平成29年10月24日(火)〜10月30日(月)

会場:東京都美術館 1階第2展示室 (東京都台東区上野公園内


第70回記念南画院公募展は東京都美術館1階第2展示室で開催されました。南画(水墨・墨彩画)の部、洋画・工芸の部、写真の部の3部門の展示で、日本の自然と風物をテーマにした242点の入選作を展示。厳正な審査の結果、各賞の受賞作品が決定しました。表彰式は10月27日(金)に行われ、受賞者には賞状と副賞が授与されました。なお、今回は写真の部と洋画・工芸の部の色絵磁器作品については、受賞審査を行いませんでした。







第70回南画院公募展会場となった東京都美術館第4展示室 会場受付の情景





同人の方々の作品展示した第1室の情景。会場入り口から奥を見た風景。






第1室の同人の作品展示状況。中央手前は南画の道具を展示した陳列ケース。







陳列ケースに展示された南画の道具と手本、教本類。 どんな用具で描くのか、これまでよくあった
質問に応える形になりました。





第1室から第2室、第4室小品の部を望む。






第3室。無鑑査と院友の作品展示状況。






院友の会員の作品を展示した第4室。







小品の部の展示。






洋画・工芸の部の作品展示。中央に工芸台を配置して色絵磁器の作品を展示。



洋画・工芸の部の展示。正面は布絵の展示状況。





洋画・工芸の部の展示。正面奥は布絵の展示状況。







写真の部の作品を展示した第7室。正面は会員の作品展示。






写真の部の作品展示。入場者も多く、連日たくさんのファンが訪れました。






写真の部の展示。作品のサイズを全紙にしたため、統一のとれた展示となりました。。






写真の部第8室の展示。






●表彰式

表彰式は平成29年10月27日(金)に東京都美術館内スタジオで開催しました。
表賞状授与の後、外部審査員の佃堅輔先生から講評をいただきました。







須藤理事長より賞状の授与。南画院賞受賞の高木眞山さん。




外部審査員の佃堅輔先生による講評会。受賞者はもちろん、参加者一同熱心に耳を傾けていました。





佃先生の講評。受賞作一点一点に的確な評価とアドバイスをいただきました。





表彰式後の記念撮影。表彰された皆さんおめでとうございます。





表彰式後の祝賀懇親パーティーの一コマ。洋画・工芸の部の出品者の皆さんと。後列右端は外部審査員の
佃堅輔先生。左端は写真の部の林部長。(矢場岩男氏撮影)





祝賀懇親パーティーで写真の部の皆さんと。楽しいパーティーになりました。(矢場岩男氏撮影)





●受賞者の作品ページへ



第70回記念南画院公募展受賞者・推挙者

●受賞者


■南画(水墨・墨彩画)・一般の部



南画院大賞   蔵野桂子(富山)  「ヒスイ峡の秋」

南画院賞     高木眞山(茨城)  「水鏡の森U」

第70回記念賞  高木香鳳(富山)  「幽映」


特選篁岳賞   小川楊径(東京)  「斑鳩」

特選暉山賞   鈴木美知(東京)  「泰山木」

特選青霄賞   野口紅蘭(東京)  「静逸」

特選悟雲賞   森 紫陽(神奈川)  「豊作の予感」

読売新聞社賞  川島如水(東京)  「厳冬」

毎日新聞社賞  川島秋穂(東京)  「静寂」

日本工業新聞社賞 松村楓香(東京)  「爛漫」

秀作社出版賞  今井如心(東京)  「氷剣乃杜」

奨励賞       田中榮泉(東京)  「青い稜線」

奨励賞       宮城 範(沖縄)  「海辺のアダン」

新人賞       高松智美(東京)  「雄鷹」

新人賞       鶴岡幸子(千葉)  「雨後観山」


■南画・小品の部


秀作賞       冨田晨山(東京)  「山里の秋」

秀作賞       鼎 暁仙(富山)  「静閑」

奨励賞       田村芳章(富山)  「岩窓」

奨励賞       冨田緋絽(東京)   「清夏」

奨励賞       間島満雄(東京)  「小鷺の憩い」


■洋画・工芸の部


秀作賞       マイケル・リンドウ(東京)  「バン・チェズー」

秀作賞       森田久子(千葉)  「古民家の春」

秀作賞       町田智子(茨城)  「美しい庭園」


奨励賞       佐藤まさ子(茨城) 「六義園」

奨励賞       宮入恵子(茨城) 「庭園の一隅」

奨励賞       雨貝洋子(茨城) 「滝の躍動 包む紅葉」

奨励賞       矢後愛子(茨城) 「秋の奥入瀬」






■推挙者



同人推挙     殿村浩岳(富山) 

準同人推挙   浅川昂雲(東京)

準同人推挙   浅川陽明(東京)

準同人推挙   菊池巳和(東京)

準同人推挙   吉田邦子(富山)

無鑑査推挙   川島如水(東京)

無鑑査推挙   田中榮泉(東京)

無鑑査推挙   小川楊径(東京)

無鑑査推挙   川島秋穂(東京)

無鑑査推挙   野口紅蘭(東京)

無鑑査推挙   深石英斉(東京)

無鑑査推挙   中島茂夫(茨城)

院友推挙     小西幹康(神奈川)


                                     以上




     特定非営利活動法人 南画院

     本部  〒178-0064 東京都練馬区南大泉4-50-3-404 川島方

     連絡先 神奈川県川崎市川崎区日進町27-18-407 須藤方

          電話:044-244-4495

     事務局 田中榮泉 


トップページに戻る